株式会社砂原組

  • 中途社員50%以上
3664_株式会社砂原組_メイン画像

株式会社砂原組について

「豊かな街づくりに貢献する」

砂原組は「豊かな街づくりに貢献する」という事を基本理念として、創業以来89年。広島のまちづくりに携わってきた経験と実績を柱に広島の明日を担い現代社会における本当の豊かさとは何かを提案し実現していきたいと思います。

また環境問題にも自主的に取り組み、その継続的改善を重要課題の一つとして全ての事業活動を通じて、環境への影響に配慮し、持続的な発展が可能な町づくりに貢献して行きます。当社はそうした基本理念に基づいてステークホルダーの皆様方とCSRを推奨していきます。

企業概要

企業・団体名
株式会社砂原組
業種
建築・土木・設計
会社の特徴
中途社員50%以上
事業内容
土木建築工事の請負、企画、設計、 監理およびコンサルティング
地域開発、都市開発、資源開発、環境整備等の企画、設計、監理およびコンサルティング
宅地建物取引業
建物ならびにその附属設備の保守および管理
土木建築用資材、機器および機械装置の販売ならびに賃貸
産業廃棄物および一般廃棄物の収集、運搬、処理ならびに再生
産業廃棄物の中間処理、最終処分
土石の採集ならびに販売
倉庫業
損害保険代理業及び自動車損害賠償法に基づく保険代理業
生命保険の募集に関する業務
労働者派遣事業
前各号に関連する一切の事業
資本金
9,600万円
設立年月日
1982年11月
代表者氏名
中川博司
株式公開
非上場
従業員数
110名 2014年9月時点
平均年齢
42歳
本社所在地
〒7300047 広島県広島市中区平野町1-16
事業所
安芸高田 安芸高田市吉田町吉田2156

三次   三次市三和町上板木1030-1

岩国   山口県岩国市今津町2-7-17
沿革
1924年11月 前会長、故砂原格(衆議院議員従三位勲二等)22才の秋、大和商事(砂原組前身)を設立
1944年4月 地元15業者の企業合同をおこない、新たに広島市八丁堀に土木建築請負業、(株)砂原組を設立(法人化)
1945年1月 4社を合併し社名を広島工業(株)に変更(資本金730,000円)砂原格、代表取締役に就任
1945年 秋 戦後初の受注工事である広島駅前郵便局新築工事を請負う
1946年     進駐軍より受注工事が増大する
1949年     業務の拡大を期し、山口出張所、福山出張所を開設
1953年7月 社名を現社名である(株)砂原組に変更
1970年3月 本社移転、広島市八丁堀から広島市平野町9番20号へ
1972年5月 創業者砂原格会長、5期にわたる衆議院議員を最後に70歳で不帰の人となる従三位勲二等に叙せられる
1980年     長びく不況の中で当社受注高100億円突破、完工高において98億円となる
1983年11月 創業60周年本社新築移転、広島市中区平野町9番20号から広島市中区平野町1番16号へ
1991年     完工高200億円突破
2005年     創業80周年(株)フジタの系列から離れ、新生砂原組スタート創業80周年記念式(於広島全日空ホテル)
2005年6月 ボンテランエコセンター竣工