金融も理系の時代 フィナンシャルエンジニア(金融工学)の求人特集

金融資産の運用や評価、リスクヘッジには数学による分析や予測が当たり前になってきました。適切なお金や資産の管理をエンジニア視点で手がける仕事をご紹介します。

フィナンシャルエンジニア(金融工学)の関連情報

フィナンシャルエンジニアとは
フィナンシャルエンジニアとは、電子金融工学技術者のことを指します。ファイナンス工学、ポートフォリオ工学、理財工学などと呼ばれるこの分野は、 デリバティブなどの金融商品の価格計算、資産運用最適化、 証券化技術、金融数理工学技術、 インターネットによる金融取引などで構成されています。
フィナンシャルエンジニアの役割
フィナンシャルエンジニアリングにとって大切なことは数学的知識を持って資産運用を最適化したりリスク回避したりすることです。金融機関のデリバティブ商品を適切に運用するための計算ロジックやアルゴリズムを用いて日々算出します。クオンツと呼ばれる専門部署がこれを取り仕切っています。
フィナンシャルエンジニアになるには
理工系学位、金融工学・数理ファイナンスの学位取得者など、その道に関して研究を行ってきた方が求められる傾向にあります。金融技術開発に興味を持ち、その手腕を実際業務にて発揮することが期待されます。また、実証分析が好きだという方、プログラミング言語経験者、システム開発経験者、英語能力のある方についても、それらの経験が強みになるでしょう。

フィナンシャルエンジニア(金融工学)の求人情報

他のカテゴリから求人を探す

ITエンジニア

IoT、ロボット、ウェアラブル端末など暮らしを大きく変えるIT技術は無くてはなら …

IT営業

クラウド、ビッグデータ、VR、人工知能など、時代を牽引しているといっても過言では …

エンジニア(IT以外)

我が国のエンジニアの質は高く、世界的にも認められています。社会を技術的な面で支え …

マーケティング

昔は勘に頼っていた商品・サービスの販売も、今では定量的なデータを元に戦略を立てて …

医療

再生医療、遺伝子治療といった医療技術や、遠隔医療、スマート医療といったIT技術を …

WEB・モバイル

1990年に商用開放されたインターネットは今やウェブ3.0へ進化しようとしていま …